News & Topics

学会・研究会2024.06.07NEW

生島真澄先生(H25)が第69回日本透析学会学術集会・総会で一般演題で発表しました!

生島真澄先生(H25)が第69回日本透析学会学術集会・総会で一般演題で発表しました!
維持血液透析患者さんをターゲットにしたQコホート研究のデータベースを用いた発表で、修正クレアチニン指数を骨格筋量の代替指標とし、修正クレアチニン指数が低い患者さんでは下肢末梢動脈疾患に対する治療介入(血管内治療、バイパス術、下肢切断)のリスクが高値であったことを報告しています。